前へ
次へ

葬式の大切なマナーに関すること

冠婚葬祭の一つであるお葬式には多くのマナーがあります。
一般的にフォーマルと呼ばれる冠婚葬祭用のスーツを着用することになります。
光る金属の飾りが付いた靴やバッグはお葬式にはふさわしくないものとされているので身に着けるのは控えるようにします。
そのほか、男女共に香水やアクセサリーを付けたり、金髪など明るすぎる色の髪はマナー違反となります。
女性であれば長い髪は束ねて低い位置にまとめたり、長い爪は切ったりマニキュアも不可となります。
スカートの下に身に着けるストッキングは冬であっても透けるくらいの黒色のものがベストで、透明のストッキングや肌が透けないくらい濃い色のタイツはふさわしくありません。
身だしなみのほかにもお葬式にはマナーがたくさんありますが、中でも一番大切なのは故人への思いと遺族や参列する方々への気配りです。
お祝いの席ではないということを認識し、それにふさわしいとされる振る舞いや身だしなみをすることが大切です。

Page Top