前へ
次へ

時間を有意義に使うためのお葬式がある

お葬式とはいっても、訃報を受けてからの慌ただしさは、遺族にはツラいものがありますし、不幸の知らせを受けてからの弔問マナーを知らずに故人と対面することは、遺族に失礼にあたります。
お悔やみの言葉さえも状況に応じて手短でなければならず、通夜と告別式のどちらに出席すべきなのか、一般の会葬者には分からないことばかりなのが、なかなか経験することができないお葬式だからなのでしょう。
もちろん、喪主を含め遺族も同様、葬儀社を選ぶことから慌ただしくなり、葬儀を終えてからも忌明けの挨拶状、遺品の形見分け、各種保険の手続き、納骨準備まで山積みで、悲しみに浸るのはお葬式からだいぶ経ってからだと言います。
しかし、生前の計画さえしっかりしていれば、どんなに慌ただしさがあっても、悔やむ時間にはなりません。
今の時代、自らのお葬式を考える高齢者が大勢います。
本人も家族も納得いく見送りがあるでしょう。
きちんとした形で意思を伝えたい、自分が望むお葬式の形は生前予約ができます。

Page Top