前へ
次へ

近年は様々な葬式のスタイルが増えてきている

葬式と一言で言っても様々な種類があるため、ニーズに合わせて自分にあった葬式のスタイルを選ぶ必要があります。
まず、一つ目に家族葬と似ている密葬が挙げられます。
密葬も家族葬と同様に身近な人だけで葬儀を行いますが、家族葬と違い周囲に死去したことは伏せるのが一般的です。
この後に本葬を行うことを前提に行われることが多いです。
続いては、通夜と葬儀告別式を同じ日に行う一日葬が挙げられます。
ただし、通夜の儀式を簡略化するかもしくは全く行わない場合があります。
基本的には葬儀と告別式に時間をかけて行うのが一日葬の特徴です。
3つ目は、通夜や葬儀、告別式を行わずに火葬だけするのが直葬です。
告別式などを行わないことで費用を抑えることができますが、しっかりとお別れをしたい場合は適していません。
しかし、最近は直葬をする人も増えてきており葬式の種類が多様化してきています。
このように、葬式には様々な種類があるため後悔しないようにしっかりと考えることが大切です。

Page Top